0120-1126-45 受付:8時~19時

ブログ

Blog

エコキュートの設置場所はどこがいい? 松原市 施工例

光熱費が抜群に安いエコキュートですが・・・

お湯を貯めておく貯湯ユニットが大きくて設置場所に制限があるのが唯一のデメリットです。

設置場所としては、新築住宅であればキッチンやバスなどお湯を使用するエリアに近ければ近いほど効率的でお湯待ちのストレスが少ないのでベターです。

既設住宅の場合はそれまでに使用していた給湯器があった場所が一番です。
しかし、ガス給湯器が設置可能であっても、大きな貯湯タンクのあるエコキュートは置けないケースは結構あります。
本日は松原市のお客様でオール電化の工事をさせていただきましたが、やはりガス給湯器を設置していたところは駐車スペースの関係からエコキュートは少し離れた場所に設置することになりました。

↓画面手前がエコキュートの設置場所。当社倉本が何かゴソゴソしているところがガス給湯器があった場所です。(給湯器の写真を撮るのを忘れてしまいました)

丁度倉本が作業しているところにガス給湯器がありました。

 

↓エコキュートの土台基礎。画面右端からU字型に伸びてきているのはお風呂の循環配管です。

 

給水はともかく、給湯やお湯はりの配管は使用場所に近いのが原則なので、画面にあるように給湯配管(白く丸まって巻いている菅)と給水配管はエコキュートの設置場所に最も近いキッチンの床下で接続しました。

この場合、家の基礎に穴を貫通しますので、お客様のご承認をいただくのは当然です。

↓エコキュートを設置して配管や配線を接続している途中の様子です

 

↓完成しました。右に伸びている配管はお風呂の追い焚き配管です。給水や給湯、電気配線類はお家の基礎から入れていますので隠れて見えません。