0120-1126-45 受付:8時~19時

ブログ

Blog

エコキュートの配管 施工例 (オール電化リフォーム 羽曳野市

羽曳野市にてオール電化の工事でした。今日の話題は、普段お客さんの知らない配管について、です。

今日の工事では、使用していたガス給湯器があった場所にはスペースの都合上、エコキュートが設置できなかったので、少し離れた場所に設置することになりました。

そのために、離れてしまった距離分、給水や給湯の配管を延長しなければなりませんでした。
今日の工事ブログでは、普段目にすることがない配管について少しだけふれてみました。

↓手前の2段架台の上に設置したのがヒートポンプ。その奥にある物置に隠れて見えるのが貯湯ユニット

↓延長する配管をエコキュート本体から床下に入れて既設の配管へ接続します。

 

 

ピンク色の筒のようなものは保温材。中身の黄色いパイプが配管で、ポリブデンと呼ばれる樹脂製配管です。
お家の給湯配管に使われる材質は、少し前までは耐熱、耐腐食性に優れている銅管が主に使われていましたが、最近では写真のようなポリブデンや架橋ポリエチレン菅のような樹脂製配管が増えてきています。

理由は、施工性、耐腐食性に銅管よりも優れているからです。
ただ、施工条件によっては銅管の方が信頼できる時もありますので、当社では施工状態によって使い分けています。

↓昔から使われている被覆付き銅管。 右はエコキュートのヒートポンプ連結菅専用で、ポリエチレン菅にアルミ金属などを積層に補強したハイテク配管です↓

         

↓配管はスリムダクトに納めるときれいに仕上がります。  完成です。エコキュートはパナソニック製でした。

                                           

 

↓IHはビルトインタイプを据え置き用に転用しました。

このようなステンレス枠(別売)があれば可能です。