0120-1126-45 受付:8時~19時

ブログ

Blog

ダイケン トイレ床材 グラフィアートトイレタフ (トイレリフォーム 施工例とご費用の目安 富田林市

トイレの専用床材でリフォーム

この工事ブログでご紹介している製品、施工費を含めた弊社のご提供価格の目安は、当ブログの最後でご紹介しております。ご参考になりましたら幸いです。

6月12日(火)

富田林市のM様邸においてトイレのリフォームをさせていただきました。
M様はリフォームのご相談の当初から床材にはこだわりをお持ちでした。

トイレや洗面など、水かかりの多い部屋の床材にはご費用的にもお手頃で水に強いビニール系のクッションフロア(CF)がよく使われます。
ただ、『クッションフロアは安っぽいから嫌やなぁ~・・・』と、当初からCFは前提に無いご様子で、TOTOやINAX(リクシル)から販売されているセラミック系のトイレ専用床材をご要望でした。

↓ リフォーム前はクッションフロア 新しい床材は大建工業のグラフィアートトイレタフ

便器の選定でまずTOTOに決まり、床材も同社製のトイレ専用床材【フロアJ セラミックパネル】で見積もりをさせていただくことになりました。
この床材は汚れに強い上に、ハイドロテクト加工で雑菌の繁殖や匂いを抑える効果があり、見た目にも高級感があります。

難点はやや高価なこと。M様もその点をご心配されていましたので、『セラミックではないですが他にもよい床材がありますよ』とお奨めしたのが大建工業のグラフィアートトイレタフ 。

木質系床材ですが表面に特殊な加工(オレフィンシート)を施し、さらに厚膜強化UV塗装で仕上がっています。
同社製の床材グラフィアートスーパーファインとよく似ていますが、トイレ用は大判サイズで溝加工が無く、アンモニアなどが染み込まないようになっています。

ご費用は通常のフローリング材よりは高価でも、セラミック系床材よりはお手頃です。
M様が何よりもお気に召した理由は、『大理石みたいで感じええやないか!』ということでした。

↓ 工事2日目の様子。当社の工事管理・山脇です。防腐剤を塗っているところでしょうか。

↓ 同じく山脇。腰でも痛めたのか・・・本人にたずねたら、『・・・覚えがないですわ・・・』だと。

↓グラフィアートトイレタフ を施工中の様子。柄はビアンコ。

↓ 工事3日目に完成しました。

↓3日間もご不自由が無いように工事の帰りには仮の便器を設置しておきます。

この仮の便器は使用後はよく水洗いの後、天日で乾かしてありますのでいつも新品同様、清潔です。
この度はお世話になりました。近いうちにお邪魔しますのでよろしくお願いします。

今回の工事ブログは富田林市のお客様のご協力でお送りいたしました。
この度はご注文を賜りましてありがとうございました。これからもよろしくお願い申し上げます。

◆今回の工事の場合、弊社でのご提供価格の目安は・・・

◎TOTO/組み合わせ便器《新ピュアレストQR》
主な機能 節水機能《大・4.8㍑》  《トルネード洗浄》、汚れのつきにくい《セフィオンテクト》など

メーカー希望価格¥176,505(税込・ウォシュレットSB付き)※リフォームタイプ

◎大建工業/トイレ専用床材《グラフィアートトイレタフ》

メーカー希望価格¥22,890(税込)※必要数量で計算

◎TOTO/カウンター付き手洗い器・スリムタイプC(自動水栓)

メーカー希望価格¥101,325(税込)

そのほか、解体撤去、産廃処分費、造作工事費、給排水等の設備工事費、壁クロス(サンゲツSP)等の内装費、製品合計価格すべて含んでの値引き前の合計金額は、
¥518,270(税込)となりますが・・・・

弊社のご提供価格は¥357,000~¥378,000くらいを目安としてご参考にしてください。

※お家の設備状況や施工内容によりご提供金額が異なるため、あえて~を付けてふくみをもたせています。
本ブログでご紹介させていただきましたM様には上記金額範囲内でご提供させていただいています。
正確なご費用の金額はお見積りの上ご確認ください。見積もりは無料です。ご安心の上、お気軽にご依頼ください。