0120-1126-45 受付:8時~19時

ブログ

Blog

東芝太陽光発電システム工事  5.25kWシステム 施工例とご費用の目安 堺市

250Wモジュール【SPR-250NE-WHT-J】21枚、5.25kW

弊社ホームページをご覧いただきまして誠にありがとうございます

 

堺市にお住まいのK様邸で太陽光発電システムの工事をさせていただきました。
システムのメーカーは東芝。モジュールの変換効率(太陽光を電気へ換える能力)20.1%、公称最大出力250Wのパネルを21枚で、合計の公称最大出力は5.25kWとなります。

このシステムが1年間に発電する推定発電量は約6,200kWと予想されています。
4人家族の一般家庭の平均年間消費電力量は約5,500kWh(平成12年度国勢調査ベース)とありますので、このシステムなら軽くまかなえるほど発電するんですね。

※実際には夜間に発電できないため、太陽光発電だけですべてまかなえるわけではありません。

↓工事は1日、約6時間で完了します。まずは架台の設置から。

↓軽量で丈夫な架台が設置されました。ここへパネルをはめこみ、固定します。

↓発電した電気は建物1階部分へ取り付けた接続箱を経て屋内のパワーコンディショナーへ。

↓パワーコンディショナーは発電した電気を使えるように変換します。こちらはモニター。発電状況がひと目でわかります。

今回の太陽光発電システムのご費用の目安ですが、モジュール、モニター、各種付属機器、施工費等すべてを含めての弊社ご提供価格は¥2,370,000(税抜)でした。
このご費用の中にはシステムの災害補償、15年延長保証料も入っております。

尚、1kW当たりの施工単価は¥433,016となりましたので、国から補助金が¥78,750、堺市からは¥183,750の合計¥262,500が別途入金される予定になっています。
このたびはありがとうございました。
私達が知らないことをいろいろ教えていただきましてありがとうございました。
これからもよろしくお願い申し上げます。

平成25年6月11日